あなたやあなたの大切な方が、一口食べるだけで体も心も癒され笑顔で幸せな気持ちになってもらえればという願いを込めて「ピース古谷農園」と名付けました✌ みかん王国 愛媛県八幡浜市で温州みかん、伊予柑、ピースデコ(デコポン)、甘平、せとか、清見、河内晩柑など多品種の柑橘を味濃く育てて通信販売(通販)しています🍊

0894-26-0590

受付時間 7:00 ~ 21:00
繁忙期は、昼(樹園地)夜(倉庫)農作業に出かけておりつながりにくいですので留守番メッセージ頂きましたらこちらから折返しお電話させていただきます

機械では測れない旨味のある味濃い柑橘をあなたへ

ピース古谷農園へお客様から「味が濃い!」「コク旨味がある!」という内容のご感想お便りをとても多く頂きます。
濃い味の柑橘を作るために試行錯誤しながらこだわっている部分なので努力が報われた気がしてとてもうれしいです!
栽培方法や使っている資材など、どんなこだわりがあるのか一部をご紹介します。

柑橘の種類に合った園地での栽培

ピース古谷農園は四国愛媛県の西端にある佐田岬半島の付け根に位置する八幡浜市にあります。
 温暖な気候に恵まれ、水はけのよい土壌を生かした柑橘栽培が盛んで質・量ともに全国有数のブランドみかん産地として知られています。八幡浜市で生産される柑橘収穫量は県内1位(シェア40%)、販売金額も県内1位(シェア50%)を誇ります。
 5月頃、隣町から八幡浜に入るトンネルを抜けると、車に乗っていてもわかるくらい「みかんの花の香り」が漂ってきます。360度見渡す限り耕作地のほとんどが柑橘園で温州みかんをはじめ、清見タンゴール、不知火(デコ)、伊予柑、せとかなど様々な品種が栽培されています。

 

ピース古谷農園では温州みかん(極早生、早生、中生)、伊予柑、甘平、せとか、ピースデコ、清見タンゴール、河内晩柑などたくさんの種類の柑橘を栽培しています。
それぞれの収穫時期や品種特性に合わせて土壌や標高の違う園地に栽培しています。

 

柑橘は岩盤の上に浅く表土があるような水はけの良い園地で栽培することでより甘く仕上がるのですが、乾燥後の降雨で裂果しやすい特性の甘平をこのような園地で栽培すると夏季の気象によっては、成っているほとんどの果実が割れてしまう場合もあるので土壌水分をコントロールできるように灌水施設を設置した園地で栽培しています。

 

ピースデコは温暖で肥沃な土地で栽培することで玉太りが良く、酸抜けの良い果実に仕上がります。
また年明け以降に収穫する柑橘は突然の寒波によって全滅してしまうこともあるのでなるべく標高の低い園地で栽培することでリスクを軽減します。

 

2018年西日本豪雨の際にはこの地域でも大きな災害がありました。
当園では清見タンゴールの園地が土砂崩れで一部が崩落したり園地までの農道が寸断、防除用のスプリンクラーの土中配管が破損など大きな被害がありました。
結果的にではありますが園地が分散していたことで被害が一部に留まったのではないかと思っています。

環境ストレスから樹を守って
美味しい柑橘をお届けしたい!

 当園では国の安全使用基準を順守しながら農薬、肥料等を使用しています。 しかしながら近年の異常気象などによって農作物が暑さ、寒さ、病害虫など様々なストレスにさらされ、栽培が年々難しくなってきています。 今世界の農業はそういった異常気象に少しでも順応できるよう、「バイオスティミュラント」という植物が本来持つ免疫力を高め、耐寒性、耐暑性、病害虫耐性及び成長を促す物質や技術が広まってきています。
「バイオスティミュラント」はヨーロッパで作られた造語で「Bio」は生物、「Stimulants」は刺激(剤)日本語に直訳すると「生物刺激剤」となります。 本場ヨーロッパでは2011年にEBIC(The European Biostimulants Industry Council)が発足され世界をリードしています。 日本では日本バイオスティミュラント協議会が設立されたのが2018年1月でまだ認知度は高くありません。
 ピース古谷農園では以前から「腐植酸」「グリシンベタイン」など「バイオスティミュラント」に当てはまるような成分を含む資材を使用してきましたが、新たな資材にも注目し栽培技術プラスαとして取り入れています。

裂果防止が期待されるバイオスティミュラント

最近の気象は雨が降るときには災害級の大雨、雨が欲しい時には全く降らず大干ばつになるなど極端な状態が多くなり、土壌の急激な水分変化が柑橘の実の裂果を助長させてしまいます。

 特に大人気品種「甘平」は夏季から秋季にかけて気象条件によって大量に裂果して収穫量が少なくなる現象が起きてしまいます。

ピース古谷農園の「甘平」は一般品と比べて外皮と内皮の厚さが超薄いのが特徴でそれが自慢なのですがその分裂果もしやすい傾向です。
大量裂果でご予約いただいていたみなさまに「甘平」をお届けできなかったことも過去には何度もあり頭を悩ませていました。

 定期的な潅水(水やり)を行うことで軽減することができるのですが更に軽減できないか調べていたところ、てんさいや海藻などに多く含まれる「グリシンベタイン」という成分が入っている資材に出会い使用しています。「グリシンベタイン」は細胞の浸透圧をコントロールして様々な環境ストレスから植物を守ることが期待され、新たな資材が次々と開発されているようです。
 2021年から現在まで施用時期や施用濃度を工夫しており、基本管理との併用で少しずつではありますが効果を実感しているところです。
 ピース古谷農園の「甘平」を毎年楽しみに待っていてくださるあなたへ確実にお届けできるよう技術を高めてまいります!

土づくり根づくりでのバイオスティミュラント

根が健全だと樹木も健全になり光合成も活発になり収穫量も多くなります。

ピース古谷農園では定期的に土壌分析を行うことで施肥設計や土づくりに役立てています。
ピース古谷農園ではこの診断書をもとに土壌改良資材の投入を行い土づくりに努めています。
この土壌診断の中にあるCECという数値は「塩基置換容量」というもので保肥力(土が肥料を保持する容量)を表しています。
与えた肥料が無駄なく効くように適正な数値に近づける必要があります。
CECの維持に必要な土壌中の腐植は年々減っていくものなので、腐植を高めることが大切です。
 以前はこの数値がかなり低い園地があり収穫量が伸び悩んでいましたが腐植酸資材を数年与えることにより上の土壌診断書のような数値に改善され収穫量も多くなりました。
 

Top